ミドル・シニア世代からも人気◎親子でブラジリアンワックス

いつもブログを覗いて下さり、ありがとうございます。
【NO SALON】の店主チカです😀

 

先日、VIOワックスで通って下さっているお客様のお母様がご来店されました。
とても嬉しかったです。

 

娘さんのお話を聞いてやってみようかどうか迷っていたところ、
「毛がない方が良さそうじゃない!アンタ試しにやってきてみてよ」と
お母様の背中を押したのは何と86歳のお祖母様。
3世代に渡ってVIO脱毛に関心を持っていただけるのはとても嬉しいことです。

 

ブラジリアンワックスの仕上がりにもご満足頂けて、
「今まで本当に無頓着でしたが知る事ができて良かったと思います」というご感想を頂きました。

 

最近は介護脱毛という言葉がミドル世代、シニア世代では少しずつ浸透してきているようです。

 

特に過去に親の介護をしたことがある方々は
「介護の経験上、自分が介護される側になった時にアンダーヘアーがない方が相手に負担にならないのではないか」とか、
入浴もお手洗いもままならなくなった時にヘアーがない方が清潔なのではないか、など、
色々考えるきっかけになる「介護脱毛」というワード。

 

ちなみにミドル世代は何歳を指すのか調べてみたところ、30歳〜54歳まで。
それより上の年代はシニア世代というそうです。

 

確かに・・私が子供の頃を思い返すと今の私くらいの年代の30代後半くらいから「おばちゃん」、
50代過ぎたらおばあちゃんっぽくなってゆく・・・というようなイメージでした・・

 

が!!

 

今日の記事のタイトルはわかりやすく敢えて「ミドル・シニア世代の〜」なんて書きましたが、
現代の50代、60代のお客様はアラフォーの私と感覚が全っっ然変わりません。
むしろ色々なことにチャレンジングで心が広くて気力に富んでいて。
お話ししていて、本当にテンポが良くてバイタリティーのあるお客様ばかり。

 

VIO脱毛って「痛みが怖くて😢」なかなか来店までの一歩が踏み出せない方って多いのですが、

 

50代、60代のお客様は、
「痛みが怖いなんて若い証拠よぉニヤニヤ そんな事よりスタッフさんが若くてイケイケだったらと思うと施術して頂くのも何だか申し訳なくて・・ショボーン

というのが来店に踏み出せない理由の大多数を占めます。

 

イタミガコワイノハ、ワカイショウコ・・・・だそうです(笑)
今まで様々なお客様をお出迎えして来ましたが言われてみると確かに!!とも思いますキョロキョロ

 

現に「そうやって躊躇している方々に来て頂きたい」と
併設のWaxing Schoolでは私の一回り年上の生徒さんがご受講中。
サロンももう間も無くOPEN予定👌
落ち着いていて安心感があってとてもいいサロンができるんじゃないかなぁと感じております☺

 

そんな中、自分で言うのもアレなのですが、、
そうやって躊躇してこられた方々からは「落ち着いている方にやって頂けて安心しました」と好評です。
幼稚園時代から「落ち着き感放ちすぎ(ボーッとし過ぎ?笑)」でおなじみだった自分ですが、今の仕事に生かされて良かったです(笑)

 


<infomation>

友だち追加数
LINEでのご予約が便利です。 ご登録頂くともれなくさやかすぎるサンクスクーポンが配信されますバレエ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です